小さい宝石でも高く買取れる?18種の宝石買取り相場をご紹介 | 札幌宝石買取.com

ブログblog

小さい宝石でも高く買取れる?18種の宝石買取り相場をご紹介

小さいサイズの宝石は、買取ってもらえるのでしょうか?

宝石ジュエリーは、金属や一緒に添えられている宝石にも価値があるため、あらかた買取り価格がつきます。

さらに、「宝石買取り専門店」に持ち込めば、小さな宝石までしっかり買取り価格をつけてくれるのでおすすめです。

この記事では、0.2ct以下のダイヤモンドジュエリーと、1.0ct以下のカラーストーンジュエリーの買取り相場をご紹介します。

さらに、宝石ジュエリーのサイズ以外の査定基準も、併せてご紹介します。

1、小さいサイズの宝石でも買取りはできる?
2、小さい宝石の買取りなら「宝石買取り専門店」へ
3、宝石買取りの査定要素
3-1. ダイヤモンドの査定4項目
3-2. 色石(カラーストーン)の査定7項目
4、小さい宝石の買取り相場
4-1. 高価買取りされやすい宝石8種
4-2. ジュエリーとして人気が高い宝石10種
5、まとめ

1、小さいサイズの宝石でも買取りはできる?

実は、宝石のサイズが小さくても、金属や付随している他の宝石にも価値が付くため、全く買取ってくれないことはありません。

高く買取ってもらえる宝石で有名なのが、ダイヤモンドです。

しかし、中には主役の宝石を引き立たせるために添えられた、0.2ct以下の非常に小さい、「メレダイヤ」とよばれるダイヤモンドがあります。

残念ながら、メレダイヤにはあまり価値が付きません。

宝石がたくさん使用されているにも関わらず、安い買取り価格が付いたのはこのためです。

メレダイヤがついた宝石ジュエリーを、将来換金する目的のみで購入するのはおすすめできません。

2、小さい宝石の買取りなら「宝石買取り専門店」へ

小さいサイズの宝石は、「宝石買取り専門店」へ持ち込むのが一番です。

特にGIA(米国宝石学会)など、権威のある資格を持つ鑑定士が在籍しているお店だと、なお良いでしょう。

「宝石買取り専門店」へ持ち込むメリットには、以下があります。

・小さいサイズの宝石は鑑定が非常に難しく、熟練の鑑定士でなければ価値をつけられない可能性が高い
・宝石やジュエリーの専門家なので、持ち込んだ物の価値をしっかり見極めてくれる

宝石の買取りなら、ぜひ「札幌宝石買取.com」へお持ちください。

サイズが小さい宝石でも、しっかり価値を見極めて買取り致します。

【札幌宝石買取.comの強み】
・小さな宝石や歪んだ形のジュエリーでも、買取り可能です
・GIA(米国宝石学会)の資格を所持した、国内でも数少ない宝石鑑定士が複数在籍しています
・女性スタッフが多いので、女性お一人のご来店でも安心です
・査定・買取り・リフォームまでできる、国内でも数少ないお店です
・鑑定書・鑑別書が無くても、買取り価格に影響しません
・買取り価格を聞いた後でも、キャンセル可能です

3、宝石買取りの査定要素

「ダイヤモンド」とそれ以外の宝石「色石(カラーストーン)」、それぞれの査定要素についてご紹介します。

小さいサイズの宝石でも、他の査定要素において優れていれば、買取り価格が上がる場合があります。

3-1. ダイヤモンドの査定4項目

ダイヤモンドには国際的に定められた査定要素である、「4C(カラット・カラー・クラリティ・カット)」があります。

宝石鑑定士はこの「4C」に従って、宝石の価値を見極めます。

【4C(カラット・カラー・クラリティ・カット)】

カラット 単位はct(カラット)でダイヤモンドの重量を表しており、1ct=200ミリグラム。
ほとんどの場合、ct数が大きいほど高価になる。
カラー ダイヤモンドが製品になってから、どれくらい色落ちしているか表す指標。
アルファベット順に、最も質が高い無色透明を表す「D」から、黄ばみが強く価値が低い「Z」まである。
クラリティ ダイヤモンドの透明度を表す指標。中に含まれた不純物が少ないほど高い評価がつく。
評価を表す記号は、
(高)「FL」「IF」「VVS1・VVS2」「VS1・VS2」「SI1・SI2」「I1・I2・I3」(低)
カット 輝きを放つ形状にカットされているかを表す指標。
ダイヤモンドの輝きと明るさ、光が分散され複数の色を見せてくれるかどうか、内部の光と暗い領域のバランスで評価。
「Excellent」「Very Good」「Good」「Fair」「Poor」の5段階。

3-2. 色石(カラーストーン)の査定7項目

ダイヤモンド以外の、宝石の査定項目をご紹介します。

しかし、こちらは国際的に定められたものではないため、買取り店により基準が異なる場合があります。

【色石(カラーストーン)の査定項目】

ブランド 宝石ジュエリーのブランドは、ノーブランドより価値が数倍も高い場合がある。
「ハリーウィンストン」や「ブルガリ」など、特に人気のブランドは高い価値がつきやすい。
デザイン 新しいデザインであればあるほど価値が上がる。
宝石が大きくてもデザインが古い場合は、価値が下がることも。
状態 宝石にどれくらい不純物が含まれているか、金属の純度を表す刻印がされているか、傷がついていないかを評価。
鑑別書の有無 査定の際、鑑定士は鑑別書を参考に査定。
あくまで参考程度に査定するため、お店によっては鑑別書の有無が買取り価格に影響を及ぼさない場合も。
宝石の色合い、照りや輝きを評価。
大きさ(重量) 単位はct(カラット)。大きい(重い)ほど高い価値がつきやすい。
加工処理法 加工されているから価値が下がるわけではない。
宝石の自然な輝きを保つために施された「エンハンスメント処理」は、天然の宝石と同等の価値があるとされる。
人工的な美しさを加えた「トリートメント処理」が施された場合は、価値が下がる場合も。

4、小さい宝石の買取り相場

ダイヤモンドなら0.2ct以下、色石(カラーストーン)は1.0ct以下の、ジュエリーの買取り価格の相場をご紹介します。

また、これらは全てノーブランドジュエリーの場合です。

4-1. 高価買取りされやすい宝石8種

・0.2ct以下の、ダイヤモンドを使用した宝石ジュエリー
・1.0ct以下の、高価買取りされやすい7種類の宝石ジュエリー
上記8種類の、宝石ジュエリーの買取り相場をご紹介します。

ダイヤモンド ペンダントトップ(0.11ct) 11,000円
エメラルド リング(0.72ct + ダイヤ 0.61ct) 55,000円
ルビー リング(0.98ct + ダイヤ 0.65ct) 40,000円
サファイア リング(0.88ct + ダイヤ 0.2ct) 36,000円
パライバトルマリン リング(0.85ct + ダイヤ 0.58ct) 185,000円
アレキサンドライト リング(0.21ct + ダイヤ 0.04ct) 14,000円
翡翠(ひすい) リング(0.32ct) 60,000円
珊瑚(コーラル) リング(0.15ct) 42,000円

4-2. ジュエリーとして人気が高い宝石10種

その他、ジュエリーとして人気が高い宝石の、1.0ct以下の買取り相場をご紹介します。

パール ピアス(7.8mm) 6,000円
アメジスト ネックレス(1.0ct) 11,000円
トルマリン リング(1.0ct) 6,250円
ペリドット リング(0.1ct) 39,000円
タンザナイト リング(1.0ct + ダイヤ 0.2ct) 10,500円
アクアマリン ペンダントトップ(0.96ct) 13,000円
クリソベリル リング(1.0ct + ダイヤ 0.56ct) 37,100円
パパラチャ リング(0.65ct + ダイヤ 0.23ct) 36,000円
スフェーン リング(1.0ct + ダイヤ 0.64ct) 60,000円
ガーネット リング(0.15ct) 14,000円

5、まとめ

宝石ジュエリーは、少なくとも使用されている金属に価値があるため、買取ってくれないことはあまりありません。

しかし、「宝石買取り専門店」なら小さいサイズの宝石までしっかり価値を見極めてくれるので、高く買取ってもらえるでしょう。

小さいサイズの宝石は鑑定が難しく、できればGIA(米国宝石学会)など権威ある資格を保有した、宝石鑑定士のいるお店がよりおすすめです。

宝石の買取り相場でもお分かりいただいたように、サイズが小さいからと売るのを諦めるのはもったいないです。

ぜひ一度「宝石買取り専門店」へ、査定を依頼することをおすすめします。

※無料お試し査定のお申込みやご不明な点などお気軽にお電話下さい。
➿ 0800-800-0740( 📱携帯からも無料)

〜英語翻訳/English translation〜

to top