鑑別書と鑑定書について|札幌宝石買取.com【ダイヤモンド・ジュエリー買取店】

ブログblog

鑑別書と鑑定書について

その石がどんな宝石なのかを知る時は、
「比重」、「光学的性質」、「屈折率」などを測定し、
科学的根拠に基づいて証明する必要があります。
そのデータを書面にしてその宝石が何かを記しているものが【鑑別書】です。

もう一つの【鑑定書】というのは品質のグレードを示したものです。
なのでグレーディングレポートとも呼ばれていて、
現在はダイヤモンドのみしか発行されていません。
このグレーディングレポートにはダイヤモンドの
『カラット(Carat)』
『カラー(Color)』
『クラリティ(Clarity)』
『カット(Cut)』
いわゆる【4C】の内容や、写真、石のサイズ(ミリメートル単位)、
紫外線を照射した時の蛍光性の検査などが記載されています。

💎ダイヤモンド

When you know what kind of gem the stone is,
Measure “specific gravity”, “optical properties”, “refractive index”, etc.
Must be proven on scientific grounds.
What is written on the data and describes what the gem is is a [identification book].

Another “certificate” shows the grade of quality.
So it is also called a grading report,
Currently only diamonds are issued.
This grading report includes
“Carat”
“Color”
“Clarity”
“Cut”
So-called [4C] contents, photos, stone sizes (in millimeters),
It describes inspection of fluorescence when irradiated with ultraviolet rays.

当您知道石头是哪种宝石时,
测量“比重”,“光学特性”,“折射率”等。
必须以科学依据证明。
记录在数据上并描述宝石是什么的是一本《身份证明书》。

另一个“证书”显示质量等级。
因此,它也称为分级报告,
当前仅发行钻石。
该评分报告包括
“克拉”
“颜色”
“清晰”

所谓的[4C]内容,照片,石头尺寸(以毫米为单位),
它描述了紫外线照射时荧光的检查。

그 돌을 어떤 보석인지를 알 때,
“비중”, “광학적 성질”, “굴절률”등을 측정하고,
과학적 근거에 증명해야합니다.
그 데이터를 서면으로하고 그 보석이 뭔가를 적고있는 것이 【감별]입니다.

또 다른 [감정서]라고하는 것은 품질 등급을 보여줍니다.
그래서 감정서라고도하고,
현재는 다이아몬드 만 밖에 발행되지 않습니다.
이 감정서는 다이아몬드
“캐럿 (Carat)”
“컬러 (Color)”
“선명도 (Clarity) ‘
‘컷 (Cut) “
이른바 [4C]의 내용과 사진, 돌의 크기 (밀리미터)
자외선을 조사했을 때의 형광 검사 등이 기재되어 있습니다.

※無料お試し査定のお申込みやご不明な点などお気軽にお電話下さい。
➿ 0800-800-0740( 📱携帯からも無料)

to top